直接エクオールを摂取

サプリ

体内で作れる人は少数

更年期と呼ばれる年代になると顔がほてったり、肩や腰が凝りやすくなったり、突然動機や息切れがする更年期障害と呼ばれる症状が出てきます。更年期障害は女性ホルモンの分泌が急に減少することから起こるため、食事やサプリメントから女性ホルモンと同じ働きをするものを摂取すれば更年期障害の症状を軽減したり、症状が発生するのを遅らせることができます。これまでは大豆イソフラボンサプリが人気になっていましたが、最近では大豆イソフラボンでは効果のない人がいることがわかり、代わりにエクオールサプリの人気が急上昇しています。大豆イソフラボンはそのままでは女性ホルモンと同様の働きをすることができず、腸内細菌の代謝によってエクオールが作られます。エクオールは女性ホルモンのエストロゲンに構造が似ているため、女性ホルモンと似た働きをしてくれます。しかし、誰もがエクオールを作れるわけではなく、特有の腸内細菌を持っている人しかエクオールを作り出すことができません。そこで、エクオールサプリを飲めば特有の腸内細菌を持っていない人でもエクオールを直接摂取することができるのです。エクオールサプリに人気が集まっているのは、エクオールを体内で作れる人が少数にとどまっているためです。日本人の4割程度しかエクオールを体内で作り出すことができず、若い女性に絞ると3割以下しか作れないとされています。そのため、若いうちからエクオールサプリを摂取しておくことで更年期障害を遅らせたり、症状を軽いものに抑えることができます。